スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガとあずき・あずき・あずき

今日はヨガの日です

吉沢先生(ヨガの先生です)に
「えっちゃん、今日は上半身すごく、こってるねっ」って言われたくらい、体がカチカチでした。

ヨガの最中も「いたたたたっ」って思わず声が出てしまうくらい・・・。

若い頃から体はかなり硬いです。
そういう意味ではヨガは結構痛いです。
早く、やわらかくなりた~い!!

ヨガが終わると体がとても軽くなっていました。
やっぱり「すごいっ」

でもそのあと、家でくつろんでオーガニックワイン飲んでる私が・・・
(オーガニックワインについては次の機会に)。
ヨガの効果が遠のくぅぅぅ~!

今年の夏は、夏の間しかアイスクリームの試作が出来ないと思い、
次から次へと・・・、しかも今しか試作が出来ないってんで、
アイスクリームの具材にマンゴーピューレ・ココナッツミルクなど南国の食材を使いまくりだったのと・・・(南国の食材は体を冷やすので夏以外は避けた方が良いです)。
ビールもまたよく飲んだので…。(お酒大好き人間です)

と言う事で陰性の強い物をかなり取り入れていたので
腎臓・肝臓を労わりたく、
久しぶりに小豆かぼちゃを作りました(労わる先からお酒を飲んでちゃっ、どうなんでしょうか・・・?)。
特に小豆は、
栄養価が高く、(アントシアニン、カリウム、サポニン、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、モリブデン、など)腎臓、肝臓には特に良い食材です。
腎臓は老廃物、有害物質を排泄してくれ、肝臓は解毒の働きがあり、夏の間に体の中にたまったいろいろな取り過ぎ物質を無害化してくれたり、からだの外に出してくれたりしてくれます。

小豆で夏の間に疲れた腎臓・肝臓を労わう!
と言う事で今日のメニュー

①小豆かぼちゃ、 
小豆に昆布を入れて煮て、柔らかくなったら、カボチャを加え、最後に塩で味をつける。
と言うシンプルメニュー。

(塩だけの味付けなのにかなり甘みがあって美味しいです)

②小豆と雑穀の玄米炊き込みごはん
小豆と赤米、緑米、アマランサスを入れて炊き込んだ玄米ごはん。

(小豆がほくほくでお赤飯のような感じでこれまた美味しいです)

③小豆あん入り玄米甘酒アイス
小豆に昆布を入れて煮て、米飴と甜菜糖で甘みを出し、最後に塩を加えて、煉る。
オーサワの玄米甘酒と絹ごし豆腐と塩ひとつまみをフードプロセッサーでなめらかにして、小豆あんを加え、製氷皿で凍らせる。

(簡単アイスなのに玄米甘酒の自然の甘味が優しくて、美味しいです)

以上。

これらを食べて内臓から元気に・・・

後はモチキビとごぼうの炒め物と干し野菜と干しきのこのお味噌汁、お漬物でした

なにはともあれ、食べ過ぎには要注意です
それだけは気を付けたいです。






スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

木ノ内悦子

Author:木ノ内悦子
心と体の健康と自給自足を目指したマクロ的人生奮闘記
KIJ認定マクロビオティック・アドバイザー
リマ・クッキングスクール師範科修了
日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ
日本野菜ソムリエ協会認定 カレーマイスター
日本野菜ソムリエ協会認定 調味料ジュニアマイスター
マスターオーガニックコーディネーター


-------------------------
最新クラス情報はこちら
最新イベント情報はこちら
-------------------------

Green café 月音
海と月のグリーンマーケットin銚子
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。