スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂かたつむりは私のバイブルだー!!他二作品。

美味しい映画を観ました

「食堂かたつむり」。

           映画

柴咲コウ演じる主人公の作るお料理があまりにも美味しくて、食べた人を幸せにし、そして食べた人の願いがかなってしまう・・・
柴咲コウが本当に愛情込めて、慈しむように食材を扱い、愛情を込めて、丁寧にお料理を作っている姿を見るにつけ、料理人の私としては心が洗われる思いでした

お陰様で、翌日のクッキングのプレゼンでは、緊張のあまり、手が震える事もなく、丁寧に食材を扱う事が出来ました。
良かったー


そして、映像も素敵でした
特におっぱい村がかわいらしくて、あったたかくて、こんな村に住みたいなって思っちゃいました


映画 映画
     主人公、倫子の故郷「おっぱい村」


そして「食」についても考えさせられました。
本来は生きるのに必要な分だけ、体に取り入れれば良いのです。
でも、美味しいものを食べて、思わず頬がゆるんで…、心から幸せになって・・・。
そんな時も、「生きているんだ」って実感があります。

懐石やイタリアン、フレンチなどの美味しいお料理・・・、プロではないけれど心のこもったおもてなし料理・・・、大好きな人たちと一緒に食べるお料理・・・、
などなど・・・。
これも、私には必要です。

マクロの観点からも考えます。
体に必要なものだけ取りいれれば良いのか、体に優しいものだけ取り入れれば良いのか、スイーツは必要ない、などなど。

マクロも食を含めたライフスタイルが自然や宇宙のエネルギーと調和するもの・・・、
最終的には、やはり、一人一人が幸せである事だと思います。
もっともっと勉強です



いみじくも今回は、「生きる」という事と「死」と言う事がテーマの映画を観ました

もう一本、「ラブリー・ボーン」。


             映画

14歳で命を絶たれた少女の彷徨う心、あとに残された家族のやり場のない、やりきれない気持ちを描いた映画で、
予告編を観た時にちょっときつそうかなとは思ったが、「ロード・オブ・ザ・リング」(素晴らしい映画で大好きだったので今回も期待外れがないかなと思った)のピーター・ジャクソン監督作品なので、観る事にしました。

実際、心が痛かった。

でも、一つだけ救いが・・・、
現世がどうあれ、すべての人が、天国に行けるのです

それと、映像が奇麗だった~

いろいろ考えさせられましたー。


それから、これは、ちょっと前に観ました。

「Dr.パルナサスの鏡」。


            映画


ヒース・レジャーが出演途中で急逝し、急きょ、同じ役を演じることになった、ジョニー・デップ、ジュード・ロー、コリン・ファレルのこの映画に対する愛情をひしひしと感じる事が出来、凄く楽しく見る事が出来ました。

なおかつ映像美に溢れ、監督テリー・ギリアムのカルトな世界も健在で、文句無し、楽しめました

それと、あのカルトなミュージシャン トム・ウエイツにスクリーンの中で会えて嬉しかった
(カルトな世界が大好きな私です)

有難うございました


映画は楽し




スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

木ノ内悦子

Author:木ノ内悦子
心と体の健康と自給自足を目指したマクロ的人生奮闘記
KIJ認定マクロビオティック・アドバイザー
リマ・クッキングスクール師範科修了
日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ
日本野菜ソムリエ協会認定 カレーマイスター
日本野菜ソムリエ協会認定 調味料ジュニアマイスター
マスターオーガニックコーディネーター


-------------------------
最新クラス情報はこちら
最新イベント情報はこちら
-------------------------

Green café 月音
海と月のグリーンマーケットin銚子
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。